-

特定調停という手段も任意整理と似ていて、各債権を持つものに対しての返済を続けていくことを選択した借金を整理する選択肢のことをいいます。他の表現でいうなら裁判所が関与する借金整理となります。特定調停という方法も任意整理と似ていて破産手続きと違い一部分の負債のみを処理していくことができますので他に連帯保証人が関与している負債を除き検討していく場合やマンションのローンを除いて手続きをする際等においてでも適用することも良いですし全ての資産を処分することは要求されていないため、マイカーや有価証券自分名義の財産を所有していて、処分したくない状況でも活用可能な債務整理の手続きになるでしょう。いっぽう、後々の返済金額と実際として可能な可処分所得を検討して、だいたい返済の計画が立つようならこの方法で手続きで進めるほうが良いですが、破産手続きと違い負債そのものが消滅してしまうということではないため量がだいぶある場合においては現実にはこの方法での方法を取るのは難しいといえるでしょう。あと、この特定調停は司法機関が間に入るため専門家に関わってもらわなくても立場が弱くなってしまうようなことはないということとか処理のための諸経費を低くおさえられるという益は魅力的ですが、債権者それぞれの催促に対して債務者自身が対応していく必要がある点や裁判所に数回おもむく必要があるといった注意が必要な点もあります。また、任意整理による処理と比べてのことですが調停が終わる段階で解決できないような時は利子を全部付けた形で返していかなければならないという点や結果的に債権を持つものへ返していく合計額が任意整理による手続きに対して割が合わない傾向にあるという覚えておきたい点もあります。

Category

リンク